レジュメ書式


※レジュメ作成上の注意点
• ワープロ上で新しいファイル(A3サイズ横長 2段組)を作成し、以下の「書式」の全項目をコピペし、必要事項を記入して期日までに提出。項目は変更しないこと。
• 手書きの場合はボールペンで記入すること。

―――ここから「書式」―――
史学科4年次卒業論文準備報告レジュメ
学籍番号:         氏名:
指導教員:

予定論文題目:

1.問題設定(なぜその問題を取り上げたのか、それを取り上げる意義はどのようなものか、どのような視角から問題にしようとしているのか)

 

2.研究史(その問題についてどのようなことが明らかになっているのか、どのような視角から取り上げられてきたのか、何が課題として残されているのか、新しく取り上げなければならない理由は何か、など)

 

3.論文の構成(章・節)

 

4.おもに利用を予定している史資料(文献、モノ、図像など。刊行物の場合は、必ず編著者名、書名、出版社名、刊行年を明記すること。非刊行物の場合は、その対象と所在を明記すること)

 

5.卒業後の進路希望:

 

※やむを得ない事情で当日出席できない時間帯があれば、以下に記入してください。

―――ここまで―――

平成29年度4年次卒業論文準備報告会


卒業論文準備報告会のお知らせ

  • 日時  5 月 25 日(木)9:30~
  • 場所  法政経学部第一会議室

今年度,卒業論文執筆予定の学生は,原則として全員終日参加し,各自あらかじめ提出されたレジュメにもとづいて報告を行います。個々の持ち時間は10分(報告3分,質疑7分)です。時間内で報告できるよう準備してきてください。

また,やむを得ない理由で欠席する場合は,事前に教務教員に連絡のうえ,レジュメは必ず提出してください。

 

レジュメの提出要領は以下のとおり。

(1)書式については本ページ「新着情報」の「レジュメ書式」をご覧下さい。

入手できないときは、教務委員(岩城)に連絡してください。

(2)作成したレジュメの提出

  • 期 限: 5 月 18 日(木)14:00
  • 提出先:文学部棟1階 レポートボックス

 

 

史学科教務委員(趙・岩城)

平成28年度 卒業論文構想発表会


卒業論文構想発表会を以下の日程で開催します。

日時 11月24日(木)9:00~17:00(※10:30~10:55 卒論ガイダンス) 

場所 法政経学部第一会議室

  来年度、卒業論文執筆予定の学生は、原則として全員終日参加し、各自あらかじめ提出されたレジュメにもとづいて発表を行います。

  個々の持ち時間は7分(報告2分、質疑5分)です。時間内で報告できるよう準備してきてください。

  卒業論文執筆の第一歩となりますので、教員と相談のうえ、発表会にのぞんでください。

 

  やむを得ない理由で欠席する場合は、事前に教務教員に連絡のうえ、レジュメは必ず提出してください。

  レジュメの提出要領は以下のとおりです。

 

(1)レジュメの書式

  •  ポートフォリオの書式を利用するか、以下からダウンロードしてください。

    レジュメ書式 MsWord     レジュメ書式PDF

  •  うまく入手できない場合は、指導を受ける教員に相談してください。

(2)レジュメの提出

  •  11月17日(木)17:00締め切り厳守。文学部棟103講義室前の階段下にある所定のレポートボックスに提出してください。

                                       以上

平成28年度卒論準備報告会


卒論準備報告会を以下の日程で開催します。

 

日時 5月26日(木) 9:30~

場所 法政経学部第一会議室

 

 今年度、卒業論文執筆予定の学生は、原則として全員終日参加し、各自あらかじめ提出されたレジュメにもとづいて報告を行います。教員と相談のうえ、報告会にのぞんでください。

 

 やむを得ない理由で欠席する場合は、事前に教務教員に連絡のうえ、レジュメは必ず提出してください。レジュメの提出要領は以下のとおりです。

 

(1)レジュメの書式

・以下からダウンロードしてください。

  レジュメ書式 MSWord  レジュメ書式PDF

・うまく入手できない場合は、指導を受ける教員に相談してください。

 

(2)レジュメの提出

・5月19日(木)17:00締め切り厳守。文学部棟103講義室前の階段下にある所定のレポートボックスに提出してください。

前期 木曜5限「国際交流論a 」開講のお知らせ


2016年度前期木曜5限にオムニバス形式の授業「国際交流論」を開講します。ウェッブ板シラバスにおいて記載が欠落していましたので、以下に再掲します。国際交流・異文化理解に関心のある学生は是非参加して下さい。

 

国際交流論a

概要:文学部においては、教員はもちろんのこと、大学院生、学部生も含めて、世界のさまざまな地域における学習・研究・調査の経験を持っている。オムニバス形式の講義によって、文学部の教員、大学院生や学部生の留学・国際共同研究・海外調査などの経験に学びつつ、人文科学における国際交流について考える。また、あわせて異文化と出会い、異文化を理解することについても考えを深める。

 

4月7日 ガイダンス(山田賢)

4月14日 文学部の国際交流:シンシナティ大学(兼岡理恵)

4月21日 国際共同研究の体験から:オーストラリア(牛谷智一)

4月28日 留学体験から:中国(山田賢)

5月12日 文学部の国際交流:ロシア人文大学他(鴻野わか菜)

5月19日 海外の大学で教える:デリー・ハイデルベルク(三宅明正)

5月26日 留学体験から:アメリカ(舘美貴子)

6月2日 海外で調査する:モンゴル・中国(児玉香菜子)

6月9日 海外で調査する:パプア・ニューギニア(小谷真吾)

6月16日 留学体験から:スイス(保坂高殿)

6月23日 文学部の国際交流:魯東・烟台大学(三宅晶子)

6月30日 千葉大学の留学生から聞く日本の社会と大学(1)

7月7日 千葉大学の留学生から聞く日本の社会と大学(2)

7月14日 学生の国際交流体験から(ロシア留学体験)

7月21日 学生の国際交流体験から(中国インターンシップ)

7月28日 まとめと教場レポート

(以上)

卒業論文構想発表会(3年次)


卒業論文構想発表会を以下の日程で開催します。

日時 11月26日(木)9:30~ 

場所 法政経学部第一会議室

  来年度、卒業論文執筆予定の学生は、原則として全員終日参加し、各自あらかじめ提出されたレジュメにもとづいて発表を行います。卒業論文執筆の第一歩となりますので、教員と相談のうえ、発表会にのぞんでください。

  やむを得ない理由で欠席する場合は、事前に教務教員に連絡のうえ、レジュメは必ず提出してください。 レジュメの提出要領は以下のとおりです。

 

(1)レジュメの書式

  •  ポートフォリオの書式を利用するか、以下からダウンロードしてください。

    レジュメ書式 MsWord     レジュメ書式PDF

  •  うまく入手できない場合は、指導を受ける教員に相談してください。

(2)レジュメの提出

  •  11月18日(水)17:00締め切り厳守。文学部棟103講義室前の階段下にある所定のレポートボックスに提出してください。

                                       以上

 

卒業論文準備報告会(4年次)


卒業論文準備報告会(4年次)のお知らせ

  • 日時 5月28日(木)9:30~ 
  • 場所 法政経学部第一会議室

  本年度、卒業論文執筆予定の学生は、原則として全員終日参加し、各自あらかじめ提出されたレジュメにもとづいて発表を行います。教員と相談のうえ、発表会にのぞんでください。

  やむを得ない理由で欠席する場合は、事前に教務教員に連絡のうえ、レジュメは必ず提出してください。 レジュメの提出要領は以下のとおりです。

 

(1)レジュメの書式

  • 以下からダウンロードしてください。

    レジュメ書式 MsWord     レジュメ書式PDF

  • うまく入手できない場合は、指導を受ける教員に相談してください。

(2)レジュメの提出

  • 5月22日(金)17:00締め切り厳守。文学部棟103講義室前の階段下にある所定のレポートボックスに提出してください。

平成27年度 文学部ガイダンス日程


文学部ガイダンスの日程については こちら をご覧下さい。

平成26年度 卒業論文口頭試問


今年度の卒論口頭試問は2月9日(月)と10日(火)に行われます。

実施場所および時間等、プログラムの詳細は後日、文学部棟掲示版 and/or 本サイト(学内限定)でお知らせします。

史学科卒業論文の体裁について


卒業論文を作成するに際して従うべき最低限の規則について「掲示板」に公表しておきました。十分に留意して下さい。