レジュメ書式


※レジュメ作成上の注意点
• ワープロ上で新しいファイル(A3サイズ横長 2段組)を作成し、以下の「書式」の全項目をコピペし、必要事項を記入して期日までに提出。項目は変更しないこと。
• 手書きの場合はボールペンで記入すること。

―――ここから「書式」―――
史学科4年次卒業論文準備報告レジュメ
学籍番号:         氏名:
指導教員:

予定論文題目:

1.問題設定(なぜその問題を取り上げたのか、それを取り上げる意義はどのようなものか、どのような視角から問題にしようとしているのか)

 

2.研究史(その問題についてどのようなことが明らかになっているのか、どのような視角から取り上げられてきたのか、何が課題として残されているのか、新しく取り上げなければならない理由は何か、など)

 

3.論文の構成(章・節)

 

4.おもに利用を予定している史資料(文献、モノ、図像など。刊行物の場合は、必ず編著者名、書名、出版社名、刊行年を明記すること。非刊行物の場合は、その対象と所在を明記すること)

 

5.卒業後の進路希望:

 

※やむを得ない事情で当日出席できない時間帯があれば、以下に記入してください。

―――ここまで―――

平成29年度4年次卒業論文準備報告会


卒業論文準備報告会のお知らせ

  • 日時  5 月 25 日(木)9:30~
  • 場所  法政経学部第一会議室

今年度,卒業論文執筆予定の学生は,原則として全員終日参加し,各自あらかじめ提出されたレジュメにもとづいて報告を行います。個々の持ち時間は10分(報告3分,質疑7分)です。時間内で報告できるよう準備してきてください。

また,やむを得ない理由で欠席する場合は,事前に教務教員に連絡のうえ,レジュメは必ず提出してください。

 

レジュメの提出要領は以下のとおり。

(1)書式については本ページ「新着情報」の「レジュメ書式」をご覧下さい。

入手できないときは、教務委員(岩城)に連絡してください。

(2)作成したレジュメの提出

  • 期 限: 5 月 18 日(木)14:00
  • 提出先:文学部棟1階 レポートボックス

 

 

史学科教務委員(趙・岩城)